FANDOM


アタカス(Atakus)は、スクラールのアシスタントとして働く岩の部族アゴリ。彼はベリカに忠実な秘密の代理人でもある。

バイオグラフィー

若いころ

アタカスは、岩の要素主のガバナンスの下、スフィラス・マグナに住んでいた。コア・ウォーが終わる前に、アタカスはマタ・ヌイによって改訂されたスフィラス・マグナを支配する計画で、“偉大なる存在”に奉仕するようになる。この偉大なる存在はアタカスのコミュニケーション技術を提供し、アタカスは情報を提供することができず、偉大なる存在は「ベリカ」という名前を持ち、マトラン・ユニバースに身を隠していたのだ。

バラ・マグナ

北部地域

粉砕の時に、アタカスは別の惑星を形成した大不毛地帯にいた。アタカスは自宅の地域から離れ、黒いスパイク山脈の北部の同族のメンバーと和解した。10万年の間、彼は彼のコミュニケーション技術を使ってベリカに情報を報告するのは…。

バッテラの攻撃の間、アタカスは北の黒いスパイク山のトゥーマに支配されたスクラールの要塞で働いた。彼はゲートガードであり、木の幹を備えた貨物用ワゴンが火の木材として使用されることを許可した。ただし、木材は実際には多くの偽装されたバッテラであり、要塞を攻撃し過ぎた。その後の戦いのあと、アタカスは生き残った岩のアゴリを掌握し、退却するスクラール軍の襲撃ののちに南へと導いた。

未知の技術(偉大なる存在によって作られた秘密のプロトタイプ)で作られた2本のスクラールのトライアルデザインブレードは、スクラールがバッテラの武器のキャッシュであると考えていたもので発見されてしまう。ベリカとの彼のコミュニケーションのために、アタカスはこれらのブレードを手に入れてしまった。

ロックスタス

部族がロックスタスに定着したあと、アタカスはいくつかの仕事を取った。まず、彼はアリーナの試合で競い合うスクラールのアシスタントとして行動した。彼はまた、ゲートガードの彼の古い仕事を続け、他の部族からアゴリへのトゥーマのスポークスマンになった。アタカスはかつてアゴリの捕虜となったメタスと連絡を取るが、彼は岩の部族の闘いに援助を申し出てくれる。トゥーマは当初疑わしく、アタカスはアゴリの忠誠心をテストするように任命されたのだ。

アタカスはバルカナスのアリーナマッチにスクラールに同行した。試合に勝ったのち、スクラールはメタスと出会い、アタカスはロックスタスに戻った。

ロックスタスにいる間、ラアヌによって送られたアゴリによって彼は獰猛なハンターと戦うスクラールの援助を得るために近づいた。アタカスは他の村の信頼を得ようとするアゴリの試みを公然と嘲笑し、スクラールの忠誠心は一時的で売り切れであると彼に言った。ソーナックスを大量に払ったあと、アゴリはアタカスのマークを受け取って、スクラールを見つけてシールを購入し、バルカナスのための新しい契約を証明した。

アタカスは、ストラックグレッシュがカートに隠れているのを知らずに、食べ物と水を含むキャラバンをロックスタスに入れた。2人でロックスタスでいくつかのスピキットがリリースされたのち、アタカスは村の入り口に滞在して逃げ道を止めることにしたが、ストラックが落ちたときに意識を失ってしまった。

アタカスはロックスタスの戦いに参加し、その後に岩の部族は荒れ地に追放された。

スフィラス・マグナ

プロトタイプのロボットを使用して、マタ・ヌイは彼の使命に成功し、スフィラス・マグナを改革してしまうとは…。アタカスは現在、再び地球上に存在していたのだ。

能力と特性

アタカスは激しく強い戦士であり、1本の剣で腹を立て、他の刀で殴るのに熟練してしまった。ただし、彼は過度に自信を持っており、より技巧的な相手に対して弱いだった。

アタカスはストロニウスを崇拝し、エリートの戦士との自由時間の大部分を戦闘技術を拾うことを期待して過ごした。ストロニウスは彼の存在を寛容にし、時にはアタカスがボロックスの捕虜を拷問した。

武器

アタカスは、偉大なる存在のプロトタイプ技術で作られたダークブレードで2本の輝きを放ちる。アタカスは彼らに大きな誇りをしてきた。

ギャラリー

関連項目