FANDOM


グラトリアンGlatorian)は部族の戦士のためのタイトルだけでなく、種の名前だった。以前はスフィラス・マグナ上の兵士たちは、彼らが社会システムの執行者として、アリーナでお互いに対して戦闘員になった。紛争が勃発うすると、グラトリアンがアリーナでそれを解決するのだ。どちらグラトリアンは勝利が紛争に勝った達成してしまう。

歴史

グラトリアンは当初スフィラス・マグナ上の戦士の種だった。彼らは村にアゴリと住んでいた。スクラール達は岩部族と住んでいた主要な種のオフの撮影だった。コア戦争中、彼らはエネルギゼット・プロトデルミスの制御のためにエレメンタル貴族の下で戦った兵士を務めてゆく。惑星が3の世界に分割した場合には、それらの大多数は、バラ・マグナとして知られるようになった砂漠の断片に取り残された。第二の戦争につながる可能性が部族間の競合を避けるために、セルタヴスタリックスおよびその他のいくつかのグラトリアンは、新たな社会システムの概要を説明するために一緒に来た。この新しい社会は、将来の紛争の結果を決定するために剣闘士として兵士を起草。これらの新しい「グラトリアン」の多くは、単一の村に忠実だったし、その村のためだけに戦うだろう。リーズナブルな価格のために部族に雇われている場合、一部グラトリアンは、しかし、戦うだろう。システムに参加しなかった人は、荒野に遊牧民や盗賊になった。 スクラールは、一般的にアリーナ内で無敗行くシステム、に召集一点にあった。種の一部であるにも関わらず、ヴォロックスたちが起因原始獣へのそれらの権限委譲のために、このシステムに含まれる。

テリダックスはバラ・マグナに到着したとき、彼はマタ・ヌイとの戦いを開始する。グラトリアンはマトラン・ユニバース鎧を穿刺する試みでソーナックスを発射するが、ダウン下から彼を支援することを試みた。テリダックスはグラトリアンに気づいたら、彼の足の付け根にドアを通って何千人もヒートビジョンのラクシを発表した。ラクシその後グラトリアンを攻撃し始めた。ストロニウス率いる一部スクラールは、スカクディのネクタンの全軍と一緒に、テリダックスのラクシを支援。最終的には、グラトリアンはテリダックスロボットを攻撃停止し、自分自身を守ることを余儀なくされた。グレッシュその後ラクシを倒すために使用された黄金のアーマーを取得する際にタフータカヌーバを助けていられる。

マトラン・ユニバース

グレートスピリットロボットの脳の仕組みの中グラトリアン種の2つのメンバーを置い偉大なる存在たちは、巨大な機械のためのパイロットとして行動する。それらが一般的にうち滞に保管されたが、2人の戦士は最終的にグレート大洪水で殺された。彼らの遺体は後に、彼らはテリダックスを追跡し、トーア・ハガーとミセリックスによって発見された。

アリーナの戦い

権利は、彼らがために戦った部族のために天然資源、ツール、および機器を持つことグラトリアンはアリーナで対決。 グラトリアンは彼らの支払いに加えて、リソースへの最初の権限を持った彼らのサービスのために報われた。

アリーナマッチはルールに支配された。規則はグラトリアンが勝ったときに、その相手が反撃することができなかったときと述べ、または降伏した。グラトリアンがそれらを彼らの敗北相手を攻撃し続ける、または殺すためにあった場合、違反者には深刻な影響を被る可能性があった。違反者は、アリーナの戦いから追放、さらには彼らの居住者の部族ことができた。マラムとストラックは、このルールを破るために追放された。スクラールはかつて試合後グレッシュを殺そうとしたが、タリックスが介入した。

アリーナは、戦いの多くの種類を開催していった。これらには、一対一、助けていられるの戦い、および車両/マウントの戦闘が含まれていた。支援戦いはグラトリアンとアゴリが一緒に戦ってしまえるのによって戦う。車両とのグラトリアン二つのは、車両の戦いで彼らとの戦いかを選択できる。

電源と武器

ほとんどすべてのグラトリアン武器は天然素材で作られており、生物が残った。これらには、その場しのぎの剣、盾、ブレードに形成され、通常はソーナックス・ランチャー、主に物理的強度や戦術に頼った。バラ・マグナ砂漠を搬送し、いくつかは戦闘および/または舞台で車両を使用される彼らは、砂ストーカーとソーナタス車に乗った。

彼らはカノイを使用しないように、その代わりに、彼らは無力ヘルメットを着用して見てマスクの力を使用ができないトーアマトラン/ツラガ)に最も近い存在の一つであるにも関わらずだ。マタ・ヌイの到着までは、彼らは、元素の力を使用できる。ただし、そのうちの5人が、最終的にはイグニカを使用して、マタ・ヌイにより、元素の力を与えられた。

既知のグラトリアン

ジャングルの部族

  • ヴァスタス - ジャングルの部族の一次グラトリアン。またグラトリアン系の創始者の一人。
  • グレッシュ - ジャングルの部族の二次グラトリアン。また、最年少のバラ・マグナにグラトリアンを用いられる。
  • 無名のグラトリアン - 彼の死ぬまでジャングルの部族の二次グラトリアン。彼はその後グレッシュで置換した。

炎の部族

  • アッカー - 炎部族の主グラトリアン。また、防衛力のグラトリアンシステムおよび指導者の創始者の一人。
  • マルム - 炎部族の第二グラトリアンは、後で一致が終了したのちにストラックを殺そうとするために追放された。
  • パーディタス - 炎部族のグラトリアン、最終車両試合で戦った。以前は正規のグラトリアンとして戦った。
  • 二つの研修生グラトリアン - ボーンハンターに殺さらされた。

水の部族

  • タリックス - 水部族の素数グラトリアン。またグラトリアン系の創始者の一人。
  • キイナ - 水部族の第二グラトリアン。また、バラ・マグナ上で最も熟練した女性グラトリアン。

氷の部族

  • ストラック - 氷部族の素数グラトリアン。その後不正行為のために追放された。
  • セルタヴス - 彼の最終的な死ぬまで氷部族の素数グラトリアン。彼は彼の偉大な戦いの技術で知られている。またグラトリアン系の創始者の一人。 セルタヴスの本を書いた。
  • ゲルー - 氷部族の第二グラトリアン。 アテロサイドから攻撃を仕掛け、退職し、代わりにキャラバンガードとなってしまう。
  • スレル - 職業別なく種によるグラトリアンはない。

岩の部族

  • 戦士級スクラール - 時には岩部族のためにグラトリアンとして戦った。職業別のグラトリアンだけど…。
  • 精鋭級スクラール - 時には岩部族のためにグラトリアンとして戦った。職業別のグラトリアン唯一。

砂の部族

  • ボロックスは、時にはいくつかの岩部族によって捕捉され、娯楽のためにロックスタススクラール、互いにどちらかと戦うことを余儀なくされた、アリーナ内の別の部族のために戦った。

鉄の部族

夢疫病の鉄部族のほとんどを一掃しているためや村が彼らの社会システムから生存者を拒否しているため、グラトリアンなどの鉄族の加工のないメンバーにしてきた。

  • テルリス - 職業別のなく種によるグラトリアンはない。

トリビア

  • ソーナックス・ランチャーがすべてグラトリアンおよび自分の車で使用される範囲であった武器だった。これにもかかわらず、それが唯一、その年の映画『BIONICLE ザ・レジェンド・リボーン』に二度使用する。時にマタ・ヌイはスコーピオのランチャーをハイジャックしたタリックスおよびヴァスタスの間テサラ村の試合でもある。また、設定された形式でソーナックス・ランチャーを持っている人物のほとんどは完全に映画に存在しないか、あるいは他の近接武器と交換のどちらか自分であり、それらを欠落しているのだ。