FANDOM


タフーTahu)は、マタ・ヌイ島を守護していた期間はトーア・マタであった。エネルギープロトデルミスに曝された後トーア・ヌーバになり、その後イグニカによってトーア・マタの姿に戻された。

経歴

トーア・マタ

生い立ち

タフーは他のトーア・マタと共にアータッカ島で創造される。彼らは後にダクシアに搬送され、 トーアヘルリックスから彼らはグレート・スピリット「マタ・ヌイ」の守護者であることを伝えられた。彼のトーア・キャニスターカーダ・ヌイで作られた。また、ヒドラクソンによって戦闘訓練も学んだ。ある時点で、タフーとコパカは、彼らが中に入ることができるように、それ自体が要塞で注文によって捕捉することを可能にしてしまう。そこに、彼らは彼らの使命と未来のそれらを伝えることに合意したヘルリックスが、と個人的に会う。彼らの訓練の後、トーア・マタは保護するためにカーダ・ヌイに送信されたアブ・マトランをとして知られている奇妙な、知覚力稲妻ラヒからアボーカーが攻撃し始め、マトランがしているのだ。アボーカーとの戦いの数週間後、ラヒは最終的に敗北し、アブ・マトランは彼らの労働に仕上げた。タフーとコパカは、その後に他の人を導くコードレックスだったりする。2つのトーアは、彼らがチームメイトにヘルリックスから学んだすべてを説明することを余儀なくなってしまった。今は、カーダ・ヌイを満たしたエネルギー嵐が灰にそれらを回すことになるので、彼らは、離れることができるのをとった。そして、彼らは彼らが何千年もの間、残った彼らのトーアが缶に入る。