FANDOM


Comic Pahrak-Kal

マンガのパーラックカル。

パーラックカルPahrak-Kal)は、プラズマボロックカルだった。

伝記

パーラックカルは、当初、パーラックに変形する運命にあったアブ・マトランだった。結局、それはバーラッグによって突然変異誘発性物質にさらされた。そして、それをパーラックカルに変えた。

バーラッグの敗北の後、パーラックカルは目がさめて、ヌーバ・シンボルを主張しようと試みた。ガーロックカルの助けを借りて、パーラックカルは、オワツ・ヌーバのシンボルを盗んだ。

パーラックカルはかつてジャラーによって破られた。そして、それが自慢する間、その人はそれからそのクラナカルをつかんだ。それはボロクーバによってもう一つのクラナを与えられて、探求に関して続けた。そして、トーア・ヌーバを妨げて、バーラッグを捜した。

結局、パーラックカルで単位は、バーラックの位置を発見して、ボロックカル・チームの他のメンバーをそれに連れていった。バーラッグが閉じ込められた洞穴に到着すると同時に、それは、進出をカバーしている岩スライドによって、簡単に溶けた。ボロックカルがバーラッグがどこに隠されるかについて知ったあと、彼らはシンボルとともにそこに旅行した、そして、トーア・ヌーバは彼らの後を追った。パーラックカルと他が洞穴に着いたとき、彼ら自身の破壊にとって、スーツが空にする、そして、ボロックカルを退け始めたエクソ・トーアを、彼らは見つけた。それから、彼らは、6つのシンボルをそれに彫ってシンボルを浮いているヌーバ・キューブに置き始めた。そのクラナカルは銀に変わった。そして、それをすべての危害から保護した。

ガーリ・ヌーバが考え出したシンボルへの彼らの接続を通して意志の技術を使用して、トーア・ヌーバ・シンボルは、ボロックカルを通して突然の力を送った。そのプラズマシールドがそれの下の地面が溶けた、そして、それがアクア・マグナのセンターの中に沈んだそのような猛暑を放つ原因になって、パーラックカルは力を吸収した、そこで、それは破壊された。

才能と特徴

パーラックカルは、動きの遅いが、ほとんど止められないボロックカルだった。それはプラズマの力に恵まれていた。そして、それはそれが溶けるか、どんな障害でも蒸発させるのを許して、それのまわりで空気を過熱して、ほとんどどんな物質でも破壊する。

武器

パーラックカルは、そのプラズマの力を向けるために、そのプラズマシールドたちを使った。

ギャラリー